進学のプロによる
聖学院大学を
ヨミトク

対話によって沁みわたる「愛情」が、
学生一人ひとりに自信と可能性を育む。

大学は、高校までとは別世界。まるで見知らぬ外国に、独り放り出されたような気分になるだろう。慣れないキャンパスで、初対面の同世代や大人たちとの新生活が始まると、気づくことがある。高校までの自分を支えてくれた、先生や仲間という存在の大きさだ。いつもどこかで見守り、困っている時に限って声を掛けてくれる。勇気をもらい、奮起する。だからこそ、聖学院大学の教育方針『一人を愛し、一人を育む。』には共感できる。全学生数が約2,200人という規模の小ささを活かして、教職員が多様な学生一人ひとりを見守り、時に伴走するシーンは大学生活全般におよぶ。その際、大切にされているのが「対話」だ。学生に自信や可能性が芽生えるのは、交わす言葉に「愛情」を感じるからに違いない。

聖学院大学を知るための3つの視点 聖学院大学を知るための3つの視点

01

学び
をヨミトク

学び
01

「何でも面倒を見ること」が、
「学生を愛して育むこと」
ではない。

ー学生にスイッチを入れる
「教職員の伴走力」ー

『一人を愛し、一人を育む。』の鍵を握るのは、それを実践する教職員である。多様な学生一人ひとりの、個性や強みを把握できてこそ推進できる教育方針だ。
聖学院大学は、比較的少ない約2,200人の学生が集う小さなコミュニティ。「真の少人数教育」を実現できる規模であり、一人の教員が10人程度の学生の担任となる「アドバイザー制」も敷いている。自ずと「対話」が生まれる環境といえるだろう。そして、職員もまた、教員と連携して学生を見守り、伴走する。
こうした特徴が聖学院大学のファンを増やし、「面倒見が良い大学」という評価を得てきた。しかし、誤解されている一面もあると教員たちは話す。「“手取り足取り学生の世話をする大学”と捉える人もいますが、面倒見の本質は学生自身に“気づきと行動を促す”ことにあります。そのためには、個々の学生に寄り添い、それぞれの持っているかけがえのない力を発揮できる(エンパワメント)環境をつくることが大切です。だからこそ、学生一人ひとりとの絶妙な“距離感”を大切にしています」「チャンスはキャンパスの至るところにありますが、掴み取るのは学生自身の力です」
聖学院大学の教職員は、近すぎず、遠すぎず、見守り、「対話」し続けることで可能性を育む。学生一人ひとりの「気づき」は、自らの「行動力」を引き出し、未来を切り拓く才能に変わる。そして、やがては学生たち自身が「一人を愛し、一人を育む人」となって躍動する。そんな信念と愛情が、教職員の原動力になっている。

続きを読む

学び
02

大学時代だからこそできる
「経験」を学べる
フィールドがある。

-社会で活きる「地域との協働」-

自信や可能性を育むには、教養や専門知識といったスキルの習得が欠かせない。しかし、スキルはタネに過ぎず、開花させるには水となり太陽となるプラスαが必要だ。もっとも効果的なのは、「経験」という学びではないだろうか。
注目したのは、それを培う場の一つとして、聖学院大学が「地域」を重んじていることだ。学内に設置された「地域連携・教育センター」が、自治体、企業、NPO団体と連携を図り、「まちの活性化」「子育て支援」「障がい者福祉」といった学生の専門的な学びを活かした社会貢献活動を支援している。
対象となる地域は、キャンパス周辺に留まらない。たとえば、岩手県釜石市で2011年から続いているのが「復興支援」である。ボランティアスタディツアー『桜プロジェクト』では、大学近隣の盆栽町『清香園』の協力を得て、盆栽桜の苗木を釜石市鵜住居地区の人々に毎年届けている。ちなみに、発案したのは復興支援ボランティアチーム『SAVE』の学生で、「復興の象徴ともいえる桜を贈りたい」という想いからスタートしたという。
地域で生きる人々との「対話」を通して、多様な価値観や抱える問題などに触れる。そして、授業で習得したスキルをもとに解決策を練り、実際に試してみる。その経験は、社会に出たときに必ず活きるはずだ。

続きを読む

学び
03

「生きた英語」を学び、
「世界と対話」できる
自分になる。

-「国際力」が養われる教育と環境-

「政治経済学部」「人文学部」「心理福祉学部」「人間福社学部」からなる聖学院大学だが、学部名の陰で注目されにくい特長がある。「英語教育」の充実ぶりだ。
たとえば、全学部共通の英語科目群である「ECA (English Communication Arts)」は、映画・音楽・旅行・ビジネスなどにカテゴリー分けされているため、「英語の学習が好きになった」と話す学生も多い。また、各学部学科には独自の海外研修プログラムが設けられている。「海外インターンシップ」「児童学海外研修」「海外心理福祉研修」など、将来の仕事に直結する専門性を磨ける内容となっており、海外の提携校/認定校は世界5か国15校(2020年度実績)に広がっている。
一方で、「国際交流」に関心があるなら、それはキャンパス内でも可能だ。聖学院大学では、世界13カ国から来日した約350人の留学生(2020年度実績)も学んでおり、授業や課外活動のほか、数多く開催されている交流イベントでも接点がある。キリスト教の精神に基づく人格教育を行うことから、世界中にネットワークを持つ聖学院大学ならでの特徴といえる。
教材だけに頼らない「生きた英語」を学び、「国際力の養成」をゴールに置いた英語教育が、ここにある。

続きを読む

02

生活
をヨミトク

生活
01

教授陣の「研究室」は、
まるで開かれた「カフェ」。

-人間同士の交流を生む「オフィスアワー」-

『一人を愛し、一人を育む。』は、授業に限ったことではない。「授業外の時間」に学生の疑問や悩みにも耳を傾け、助言することも重要な育成と考えている。とはいえ、学生の目線に立てば、相談するにも勇気が必要で、相手は誰でもいいというわけではない。
そこで設けられているのが「オフィスアワー」である。これは学生が気軽に教員の研究室を訪れることが出来るシステムだ。各教員の「オフィスアワー」は誰もが事前にがくないしすてむ専用サイトで把握できるようになっている。このような時間を、「仕組み」として導入している大学は少ない。
もちろん、相談事がなくても訪問できるし、教員の手が空いていれば設定された日時以外も「オフィスアワー」になる。むしろ、それを「大歓迎」と話す教員が多いことに聖学院大学らしさを感じた。「開放日は“出入り自由”として、文献や資料などの利用もOKとしています」「授業では取り上げない時事ネタや芸能ネタで盛り上がることもあります」「研究室に戻ると決まって、遊びに来た学生たちが待ち構えています」「時には恋人を連れて教員に紹介する学生もいたりします」。
オフィスというより、カフェであるかのように和やかなひと時だが、聖学院大学は「対話」を生むこの時間を、絶好の「人間交流の機会」と捉えている。卒業後も研究室に顔を出す学生が多いというエピソードを聞いて、さらに納得した。

続きを読む

生活
02

ボランティアに
明け暮れる4年間が、
人生の中にあってもいい。

-大学を挙げて取り組む
「ボランティア活動」-

大学の特徴を示すデータを見た時、ある項目に目が留まった。「ボランティア活動」に携わってる学生の人数だ。年間に413人(2019年度実績・延べ数)が参加しており、全学生数を考えると驚く数字である。
なぜこれほど活発なのか。背景を探ると、聖学院大学は1988年の創設時から活動に参加する学生を全力で支援してきた。キリスト教主義の教育が大切にする「人に仕う」精神を育むからである。そして、拡大のきっかけとなったのは、2011年に発生した東日本大震災。その際に設立されたのが、活動をしたい学生と、学生を必要とする人々を結び、情報の収集・発信などを行う「ボランティア活動支援センター」である。学生による復興支援ボランティアチーム『SAVE』が発足し、被災地支援活動の範囲や規模が年々拡大。大学の埼玉県内での地域活性化活動や防犯活動などにも広がっていった。
感心したのは、センター専属の専門職であるコーディネーターが志願する学生一人ひとりに向き合い、「好きなこと」や「趣味」に留まらず「将来の夢」まで丁寧に聞き取った上で、本人の力を最大限に発揮できる活動先を「マッチング」していることだ。受入れ側と本人がWin-Winの関係を築けるからこそ、ボランティア活動が一過性のもので終わらないのだろう。
今では、学生が立ち上げたボランティア関連サークルも多く、掛け持ちしているケースも珍しくないという。「大学時代はボランティア活動に力を注ぎたい」と入学を志望する高校生までいると聞いたが、それも不思議なことではない。

続きを読む

生活
03

イベントやサークルも、
自信や可能性を育むステージ。

-学生主体で運営される「アクティビティ」-

以前、ヴェリタス祭(学園祭)の実行委員長を務める学生にインタビューしたことがある。「聖学院大学は、とにかく“イベント”が多い大学なんです。暇を持て余すようなキャンパスライフにはなりませんし、させません」。そう聞いて、パンフレットで年間行事を確認すると、学生の言うとおりだった。
ジュベナリス祭(体育祭)、ほたる祭、リトリート、クリスマス点火祭、復興支援ボランティアスタディツアー、アセンブリアワープログラム・・・・・・他の大学ではあまり見かけないイベント名がズラリと並ぶ。種類が多いぶん、運営する組織委員会の数も多い。一方で、普段の活動に加えて、イベントの盛り上げに協力するクラブ&サークルの数も少なくない。すべて含めると、40以上の団体が現在活動中である。
共通するのは、学生が主体となって運営していることだ。チームとなり、企画から実行までを進めるプロセスの中で、問題解決力や行動力、協調性やリーダーシップなど、さまざまな能力が磨かれていく。
だからこそ大学側も、こうしたアクティビティに参加する学生を全面的に支援する。「開催したいイベントや、立ち上げたいサークルがあれば、私たち職員にぜひ相談して欲しいですね。実現したケースは一つや二つではありません」。キャンパスライフにおいても、自信や可能性を育むための努力を惜しまない。

続きを読む

03

将来
をヨミトク

将来
01

「ワークキャリア」ではなく、
「ライフキャリア」を
支援する大学。

-長い人生を輝かせる「キャリア支援」-

大学に進学する前から、卒業後を心配する受験人も多いと聞く。「キャリア支援」に力を入れる他の大学と同様に、聖学院大学でも1年次からキャリア教育がスタートする。ただし、大学によって異なるのが「キャリア」の考え方だ。
キャリアと聞くと「ワーク(仕事・就職)」を連想しがちだが、聖学院大学はそれを「ライフ(生活・人生)」と捉えている。将来の職業のことだけではなく、卒業後の長い人生について「どう生きるか」「どう生きたいか」を考え、その答えをゴールに置いて「大学時代をどう過ごすか」を定める。こうした「ライフキャリア」を描くことがキャリアデザインであり、描くための支援を4年間にわたって行っている。
支援は「キャリアサポートセンター」が中心となって行い、キャリアコンサルタントの国家資格をもつ専任スタッフが進路設計から就職活動までをフォローする。その際も、学生一人ひとりとの「対話」を大切にし、未来の生き生きとした自分に出会えるアドバイスを送り続ける。
就職することは「ライフキャリアの第一歩」であり、支援するのは「内定ではなく将来」。その考え方は、就職率の高さをアピールされるよりも、受験生の安心材料になるのではないだろうか。

続きを読む

将来
02

苦いだけの
就業体験になってしまっては
意味がない。

-学生想いの「インターンシップ」-

実社会で仕事を体験する「インターンシップ」は、キャリアをデザインする上でも貴重な機会になる。仕事の実態を知ることで、自分との相性を確かめ、進路選択の幅を広げられると考える聖学院大学では、全学生に体験して欲しいという想いから、単位を取得できる授業科目の一つとしてカリキュラムに組み込んでいる。
特徴は他にもある。まず感じたのは、インターンシップ先の「選択肢が多い」ということ。「民間企業」「地方自治体」「NPO・NGO法人」など多様な受け入れ先があり、計40の企業団体(2019年度実績)にエントリーできる。海外インターンシップで体験できる米国・カナダの企業を含めると、候補はさらに広がる。
とはいえ、そのリストを見るだけでは、「自分が望む体験ができる企業団体はどこなのか」「どんな業務に携われるのか」など、学生にはわからない点も多い。そこで、詳しい情報提供や本人とのマッチングを「キャリアサポートセンター」の職員がマンツーマンで行っている。
もちろん、社会人経験のない学生をいきなり送り出すことはない。ビジネスマナーや討論、プレゼンテーションの方法などを習得する「事前学習」の授業も用意されている。インターンシップを苦いだけの体験にさせないという、聖学院大学の「面倒見の良さ」が表れている。

続きを読む

将来
03

企業にとって価値がある、
聖学院大学の「人格教育」。

-大学や卒業生に対する「企業の評価」-

聖学院大学は、就職支援も手厚い。1年間に実施される「ガイダンス」は、準備から実践的なものまで20種類以上・延べ80回を超え、「学内会社説明会」の開催数も20回に迫る(2019年度実績)。他のサポートプログラムや就職実績は大学のウェブサイトを見てもらうとして、筆者が知りたかったのは、聖学院大学の教育や卒業生に対する「企業の評価」だ。大学が各企業に行ったアンケートへの回答(2019年度実績)の一部を紹介する。
まず、企業が採用時に「かなり重視する」と答えた資質の上位3項目は、「コミュニケーション」「誠実さ」「協調性」であった。それに対して、卒業生に対する印象は「真面目」と「誠実」で過半数を占め、それに「協調性がある」「行動力がある」が続く。具体的なコメントも付け加えておくので参考にしてほしい。
「大人しくて地味な印象でしたが、一緒に仕事をしてみると行動的で、自分の仕事に意見を持っている。頼もしい存在です」(総合商社)、「何事にも積極的にチャレンジし、持ち前の粘り強さで諦めずに取り組む姿が印象的です」(専門商社)、「真面目で優しい人柄ながら、入社後は1年目からリーダーシップを発揮し、期待できる人材に成長しています」(通信・ネットワーク系企業)。
聖学院大学の『一人を愛し、一人を育む。』という教育方針や、ひいては、キリスト教の精神に基づく「人格教育」は、企業にとって価値あるものといえそうだ。

続きを読む